子供の病気で比較的軽症の風疹という病気があります



風疹は発熱や発疹、目の充血などの症状があり、はしかに似た症状が出ます。
3日ぐらいで治る事から、三日ばしかとも呼ばれています。
子供は発症しても比較的軽いものですが、時には脳炎などの重い合併症が起こる場合もあります。


風疹の予防接種は1才から3才までの間に1回接種します。
生ワクチンを摂取するため、次回の予防接種まで4週間以上経過しないと受ける事は出来ません。
接種1、2週間で軽い発熱や発疹、リンパ節のはれなどがみられますが4%以下です。


予防接種の症状は1日又は2日程度で自然に回復するので問題ありません。
この病気の原因はウイルスで、くしゃみや咳などで飛沫感染します。
潜伏期間は2、3週間で、集団生活をするようになる4才から10才の子供に多いです。


熱や発疹と同時期に耳の後ろやリンパ腺がはれて、触ると小指の先ぐらいのグリグリしたものが出来ます。
リンパ腺のはれが大きな特徴となります。
他にも目の充血やのどの炎症、軽い咳などがあります。
一度かかれば免疫がつきます。

◆maryqueenofireland.comオススメページ一覧◆

SUB MENU

おすすめサイト